新着情報 News

新着情報

大阪自彊館の新着・更新情報等をご案内致します。

2018.05.23 up!!
2019年新卒向け就職フェア「FUKUSHI meets! in 大阪」に出展します!(法人本部)

大阪自彊館は6月3日(日)に行われる2019年新卒向け就職フェア「FUKUSHI meets! in 大阪」に出展します!

・スーツ禁止
・ブースごとの仕切りなし
・若手職員とラフに話せちゃう
関西圏外からの出展もあり、厳選の19法人(社会福祉法人)!
「FUKUSHI(福祉)ってなに?」
「実際に働くってどんな感じ?」
「資格いるの?」
「お給料は?」
なんでも聞いてください。そして少しだけ大阪自彊館の魅力もお話させてください。
数ある選択肢の中で「大阪自彊館」を知ってもらうこと、そしてあなたの人生にとってより良い選択につながりますよう願っています。

当日、当法人のブースでお待ちしています!

【FUKUSHI meets!in 大阪】
日時:6月3日(日) 13:00~17:00(入退場自由)
場所:大阪工業大学梅田キャンパスOIT梅田タワー セミナー室(大阪府大阪市北区茶屋町1番45号)
アクセス:JR「大阪」駅から徒歩5分

【対象】
2019年3月卒業予定者、第二新卒者、その他福祉に興味のある学生
※1,2年生の参加も大歓迎です。

【参加費】 無料
参加方法:「フクシゴト」から事前申し込み(以下、HPから)

https://goo.gl/J65uJw

 

 

2018.05.23 up!!
ボランティアだより⑮リベルテまちぶんこ~メゾン リベルテのまちライブラリー活動~

みなさんは、「まちライブラリー」をご存知でしょうか。「本」を通して「人」と出会う場所で、平成22年にはじめられた取り組みです。自分の気に入った本を持ち寄って、まちのあちこちに小さな図書館(マイクロライブラリー)をつくり、人と交流しようという活動です。現在、日本全国で約600か所、アメリカやフィリピン、シンガポールにも広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、当施設の「リベルテまちぶんこ」が全国から、「生活に密着したライブラリー」として選出され、本年度のマイクロライブラリーアワードを受賞することができました。シアトルにある蔵書が2万冊をこえる大規模なものから、30cm四方の巣箱を使った小規模なものまで多様でしたが、主体的に地域づくり・まちづくりを目指していることが、共通点だと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのボランティアの方と、一緒に取り組んできたことが評価され、とても誇らしく思います。リベルテまちぶんこの活動を含め、メゾン リベルテはこれからも地域と一体となったまちづくりに励んで参ります。

 

2018.05.16 up!!
「福祉新聞」に掲載されました(法人本部)

「福祉新聞」(4月30日発行分)に105周年記念誌が取り上げられました。

記念誌は、法人の歴史や事業の紹介、昨年度から開設した「いまふねリハビリデイサービス」と「精神科ショート・ケア」の新規事業紹介、実践レポート集、研修報告で構成されています。

今回は実践レポート集の中の、「あいりん結核患者療養支援事業」が掲載されました。

 

 

2018.04.06 up!!
平成30年度 職員新任式を行いました(法人本部)

平成30年4月2日(月)、大阪市内のホテルで平成30年度職員新任式を行いました。

始まる前は皆さん緊張されていましたが、理事長からの挨拶後に辞令が交付されると、

気が引き締まった表情に変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから5日間の新人研修後、それぞれの配属先での勤務が始まります。

 

共に大阪自彊館を盛り上げていく仲間として心から歓迎します!

 

2018.03.22 up!!
ぞくぞくと動き始めています!――就職フェア「FUKUSHI meets!」に出展――

こんにちは、就職4年目の岡崎です。

3月15日(木)に、(一社)FACE to FUKUSHI主催の就職フェア「FUKUSHI meets!」午後の部に出展しました。

なんと、今回の就職フェアでは、現場で働く若手職員に企画・広報・運営を一任!

自分たちが感じている大阪自彊館の魅力をどこまで学生のみなさんに伝えられるか、
改めて魅力を言語化するところから始まり、学生の頃の戸惑いや就活での思いなどを掘り下げ、
意見を頻繁に出し合いました。

そして迎えた当日!対話形式で学生のみなさんと話していくうちに、就職フェアはこちらが一方的に何かを提供するのではなく、足を運んでくれる学生と一緒に作っていけることであると気付かされました。

ご来場いただいいたみなさん、本当にありがとうございました!

 

 

30秒スピーチにて舞台上で話す職員

 

 

 

 

 

 

 

学生の想いを聴かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 職場見学会もやっています 】
大阪自彊館ってどんな法人?
実際の職場の雰囲気が気になる。
どんな仕事をしているの?

どなたでもご参加できます。
お気軽に大阪自彊館のこと、のぞきに来てください。
お申込みはこちら から!

 

2018.03.09 up!!
「法人発表会」を開催しました(法人本部)

2月20日(火)・28日(水)の2日間にわたり、「法人発表会」を大阪コロナホテルで開催し、167人が参加しました。

当発表会は、意欲のある職員が新しい事業展開や企画をプレゼンテーションするものです。

提案されたテーマは、
①新規事業・既存事業の拡充(グループホーム、訪問リハビリ・訪問看護、企業主導型保育、放課後等児童デイサービス)、
②地域や社会への貢献(女性専用シェアハウス、多文化共生サポートセンター、研修センター、地域の集いの場、市民活動センター)、
③法人の将来展望への提案(事業部制の再編、部署を超えたコミュニケーションの場作り、新施設の現状と今後)で、15名の職員がチャレンジしました。

 

 

 

 

 

 

 

質疑応答の時間には活発な質問や意見が寄せられ、職員一人ひとりがこれからの社会や地域への貢献について深く考える機会となりました。

また、発表会には外部参加者や内定者の皆様にもお越しをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提案者の「地域をよくしたい!」「法人をよくしたい!」という熱意あふれる、有意義な研修会となりました。
利用者サービスの向上ならびに地域福祉の発展に貢献するため、今後も研さんを積んでまいります。

2018.03.05 up!!
福祉の就職フェア SPRING in OSAKAに出展しました(法人本部)

3月3日(土)に京セラドーム大阪で開催された、
福祉の就職フェア SPRING in OSAKA」にブース出展しました。

約230法人が参加した熱気あふれるフェアでした。

当法人のブースへは37名もの方々が足を運んでくださり、
各施設から集まった若手職員が、フル稼働で当法人の魅力を熱く語りました。

 

ブースに来ていただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

また、3月6日(火)から職場見学会を開催いたします。

フェアで当法人に関心を持たれた方、
当日お話しできなかった方、
また、フェアに参加されなかった方など、

たくさんの皆様のお申し込みをお待ちしています。

 

皆様と見学会でお会いできることを職員一同、楽しみにしています!

 

職場見学会 のご案内は こちら です。

2018.03.05 up!!
第2回内定者研修を実施しました(法人本部)

2月25日(日)に平成30年度採用予定の内定者の皆さんに集まっていただき、
第2回内定者研修を実施しました。

前回同様、外部講師をお招きし、社会人としての心構えや考え方、
ビジネスマナー等を学びました。

研修が始まった頃は皆さん遠慮がちに気をつかわれていたようですが、
時間が経つにつれて徐々に緊張もほぐれ、
少しずつ笑顔が見られるようになりました。

 

また内定者同士のコミュニケーションも増えていき、
いきいきとした表情で研修を受けておられたのが印象的でした。

次回全員が集合するのは4月の新任式になります。

元気な姿で、新任式にお会いできるのを心より楽しみにしております!

2018.02.13 up!!
ボランティアだより⑭「ボランティアセンター メゾン リベルテ イベント報告」(大阪市東淀川区)

平成30年2月3日(土)にメゾン リベルテで開設したボランティアセンター主催で、
認知症予防に関する勉強会を兼ねた「オレンジカフェ」を、
ボランティアグループ、NPO法人の方と一緒に開催しました。

自宅から車椅子を押してご家族と参加された方、
ご家族とご近所の方を誘って一緒に来て下さった方、
たまたま施設の前を通りがかって寄って下さった方など、
総勢50名もの方々に来場いただき、

ボランティアセンターの周知を兼ねた初のイベントは大盛況でした。

 

講師のNPO法人 西宮認知症予防会畑中理事長三宅眞理先生から
認知症予防とボランティアに関する講演を聞いた参加された方の中から、

 

「囲碁や麻雀のお相手だったらわしにもできる」

「趣味のフラワーアートを活かしてボランティアがしたい」

 

など何人もの方がボランティアに興味を持ち、
登録の申し込みをして下さいました。

 

今回はイベントの形でしたが、福祉施設メゾン リベルテでは毎月第4週の日曜日に、
ボランティアグループ コスモスの会にご協力いただいて
ふれあい喫茶コスモス喫茶)」を開催しております。

 

施設が利用者だけでなく、地域のたくさんの方の居場所となるよう
これからも励んで参ります。

 

 


2018.01.30 up!!
「サンデー毎日」に掲載されました(法人本部)

「サンデー毎日」(2月4日号)、「比叡山 大霊園」の特集の中で、当法人の慰霊塔について取材を受けた内容が掲載されました。

和歌山県の高野山、滋賀県の比叡山に、大阪自彊館所有の慰霊塔があります。
これは、施設で亡くなられた方が無縁仏にならぬよう、慰霊を目的に1973年(昭和48年)、高野山に建立されたのがはじまりです。

その後、滋賀県高島市にある3ヵ所の救護施設は高野山まで詣でるのが難しいという理由で1995年(平成7年)、比叡山に建立され、以降は毎年利用者とともにお参りをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の墓参(比叡山)の様子