新着情報 News

新着情報

大阪自彊館の新着・更新情報等をご案内致します。

2019.06.17 up!!
支えられています、すまいる食堂(大阪市西成区)

6月5日(水)のこども食堂、通称「すまいる食堂」は鮭の南蛮漬けとお味噌汁、リンゴでした。
(お子さんには甘めの南蛮漬けを用意しました)

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回は、普段から「すまいる食堂」を支えてくださっている方たちをご紹介します!

長くボランティアに来てくださっていた方がお仕事の都合で最後になるとのことで、
許可をいただき写真を掲載させていただきました。
とても穏やかで、かつ動きが速い。
お手伝いに来てくださることで、本当にスタッフは助けられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、傘ぼうや3人組。
こちらは、手先がとても器用な職員が毎回、季節に合わせて可愛らしい作品を用意してくださり、
お子さんにプレゼントしているうちの一つです。
たくさんの傘ぼうやが居ましたが、一瞬で無くなりました。
こども達いわく、顔がはっきりしているものは怖いそうです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、6月19日(水)ミックスフライを予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—–
すまいる食堂
□日時
6/19(水) 午後6時~8時
□場所
今宮社会福祉会館 (大阪府大阪市西成区天下茶屋1丁目32−19)
※南海電車高架下のレンガ調の建物です。

小学生未満 無料
小・中学生 100円
おとな   200円
(同伴者に限らせていただいております)

□お問合せ
(社)大阪自彊館(おおさかじきょうかん)
06-6659-8181 担当:樫原(かしはら)
—–
「すまいる食堂」ホームページはこちらをクリック!!

2019.06.11 up!!
琵琶湖一斉清掃?!~こんがり肌が焼けました。(滋賀県高島市)

毎年、滋賀県の高島市主催で「琵琶湖一斉清掃 クリーンアップ今津」という
琵琶湖岸の草刈りがみなさんで行われます。

湖西地域にある「さわやか荘・角川ヴィラ・橡生の里」の3施設が参加をしました。
炎天下の中の作業だったため、戻ってきた利用者や職員はこんがり焼けた肌に変身。
その姿からは、作業に対する懸命さが伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日刈った草は後日、さわやか荘の全員で片付けます。
住みよい今津のまちづくりのためにも、もう一息!力を合わせて頑張ります。

2019.06.10 up!!
新任研修が行われました!(法人本部)

新任職員の松田です!
5月28日(火)に、新任職員を対象としたフォロー研修が実施されました。
午前中は、防災・救急対応の基礎知識の講座を受け、緊急時の通報の仕方や、
心肺蘇生・AEDの使い方などを実際に体験しました。
訓練では出来ていても、実際の現場では焦って訓練通りに出来ないことも考えられ、
日頃からの対応確認が必要であると実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

午後には、入職してからこれまでの振り返りを行いました。
グループに分かれ入職後の嬉しかったことや不安に感じていることを
共に話し合うことが出来ました。
同じ不安を抱えている同期も多く、この場で思いを共有することで
自分だけではない、仲間がいるのだと心強く感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

6月には自然豊かな滋賀県で1泊2日の研修が行われます。
滋賀県の施設ならではの体験ができる事をとても楽しみにしています。
また研修の様子をお届けしたいと思います。

 

2019.06.07 up!!
「みんなの花壇 第2弾」さつま芋のツルを植えました!(大阪市東淀川区)

メゾン リベルテ地域交流センター外の花壇にて
・近隣のグローバルキッズ(保育園)、
・地域のボランティア
・東淀川区社会福祉協議会(ほほえみ)
・リベルテ で「みんなの花壇」を進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、
・グローバルキッズは子供たちに土にふれあう機会の提供、
・ボランティアは子供の喜ぶ顔をみるためのお手伝い、
・ほほえみ(社協)は地域の居場所づくりの補佐、
・リベルテは花壇の有効利用・地域貢献、利用者の参加など、それぞれの想いを形にした取り組みです。

第1弾として4月にお花の苗を植え、5月23日(木)第2弾として、もう一つの花壇にさつま芋のツルを植えました。
この1か月の間、子供たちが水やりに月2回通ってくれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでもボランティアさん、リベルテの利用者、子供たちの交流があり、
顔なじみの関係になっていたからか、当日は和気あいあいとした雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

水やりで訪れた子供たちに、ボランティアさんがプレゼントしたマツボックリを、
今回のために可愛らしく飾りつけして持ってきてくれ、さっそく看板の近くに飾っています。
秋には、収穫祭をやろうと皆で話し合っています。これからの成長が楽しみです。

2019.06.06 up!!
地域に根差した、合同防災訓練を行ないました。(滋賀県高島市)

滋賀県高島市にある角川ヴィラと橡生の里では、角川地区の皆さんと合同防災訓練を行いました。
また、地元の消防署職員にも立ち会っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

角川地区では、昨年の平成30年7月に強力な豪雨が襲い、
その際には当施設に数名、避難して来られる方もおられました。
今回は近くを流れる一級河川・石田川が氾濫したことを想定とした訓練です。

1階が浸水したとして、車椅子の利用者が2階に避難できるよう声を掛け合い迅速に動きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「地域に助けられ、地域を助ける」一つの互助の形を改めて全員で共有できたと同時に
災害時における具体的な行動や意識付けの貴重な機会となりました。
訓練にご協力いただいた角川地区の皆さん・消防職員の方々に感謝しております。

2019.06.05 up!!
小さな喫茶店が始まりました!(大阪市西成区)

飲み物と菓子をそれぞれ50円として、入り口で注文を聞き、お好きな飲み物を席まで運びます。

施設の中にある「すまいるショートケア」、その立地を生かして
施設に暮らしながら外出しにくい方にも喫茶を楽しんでいただこうと始めました。
また、自分の喫茶店を通して役割を得たメンバーさんたちは、とてもイキイキとして、
更にはお客さんたちにも穏やかに接客していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

喫茶店を開くにあたって、SST(※注1)などを活用し、実際に役割を演じてみる時間を設けました。
他にも、メンバー内限定で喫茶をしてみるなど小さなステップを積み重ね、
ついに第1回すまいるショートケアによる喫茶店をオープンできました!

 

 

 

 

 

 

 

 

精神科ショートケア「すまいる」に通うメンバーさんは、施設に暮らす利用者さんや施設から出て地域に暮らす方など様々です。
色々な方が集える場所で一つのコミュニティとして、この「小さな喫茶店」が更なる広がりを持てますように。

 

※注1)ソーシャルスキルトレーニングの略で、社会生活を行う上で対人関係を中心に
どんな声かけや振る舞いができるかなど練習と振り返りを行いながらスキルを磨く。
SSTとは?

2019.05.31 up!!
花いっぱいプロジェクト!今年も稼働中です(大阪市西成区)

施設のまわりにたくさんの花が咲いている、ふと足を止めて写真を撮ってくださる方もいる…
そんなことを実現してくれているのが「花いっぱいプロジェクト」です。

大阪市西成区にある白雲寮では、今年もプランターへの花植えを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

花はすぐ近くにあるお花屋さんから購入し、顔の見える関係がさらに花を愛らしく感じさせます。
色とりどりの花に囲まれながらの植え替えは、利用者からも自然と笑みがこぼれていました。

また、毎朝、利用者が欠かさず花に水やりをしてくれるため「花いっぱいプロジェクト」は実現しています。

ぜひ、近くにお越しの際は花に癒されてもらえたらと思います。

2019.05.28 up!!
インターンシップ募集します。(法人本部)

大阪自彊館では、福祉・介護の仕事に興味のある学生の方を主な対象として、
1日~3日の間、実際の仕事を体験していただくインターンシップを実施します。

皆様のご参加お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

1.プログラム ※ご希望をお聞きして、アレンジさせていただきます
10:00 施設集合・オリエンテーション(福祉にはどんな仕事があるの?法人、施設の概要説明・施設見学)
12:00 ランチ座談会(先輩ケアスタッフにいろいろ聞いてみよう!)
13:00 就業体験

【特別養護老人ホーム・障害者支援施設の場合】
・介護体験(入浴・排泄・外出などのお手伝い)
・利用者とのコミュニケーション
・日中活動の補助(レクリエーションやリハビリなどの見学・付き添いなど)
・ケアプランなどの閲覧、説明 など

【救護施設の場合】
・日中活動の補助(就労作業や創作活動、外出など)
・利用者とのコミュニケーション
・個別支援計画の閲覧、説明
・利用者との個別相談に同席 など

※曜日や日程によって施設のプログラムが異なるため、上記はあくまで一例です。
15:00 振り返り(感じたこと、疑問に思ったことを、ざっくばらんに質問してください!)
16:00 プログラム終了予定

2.日程
令和元年6月1日~令和2年2月28日までの間で1日~3日程度
※日程はご相談の上、決定させていただきます

3.対象者
福祉・介護の仕事に興味のある学生(1~4年生)

4.募集人数
一回あたり1~2名程度

5.実施場所
救護施設(大阪)コース 大阪市西成区萩之茶屋1-9-14「救護施設 三徳寮」他
救護施設(滋賀)コース 滋賀県高島市今津町角川1161「救護施設 角川ヴィラ」他
高齢施設コース     大阪市東淀川区東淡路1-4-49「特別養護老人ホーム ジュネス」
障がい施設コース    大阪市西成区天下茶屋北1-3-19「障害者支援施設 いまみや」他

6.報酬
交通費支給・昼食提供

7.お申込み
いずれかの方法でお申し込みください
①下記アドレスへ氏名・学校名・連絡先を記載の上、「インターンシップ希望」とご連絡ください
連絡先:大阪自彊館 インターンシップ担当(長谷川) saiyou@ojk.or.jp
②マイナビ2021からお申し込み

8.その他
いずれの施設も実習生の受け入れ実績が豊富です!未経験の方、福祉系以外の学生の方もお気軽にご参加ください!

107年の歴史を誇る社会福祉法人 大阪自彊館の求人サイトはこちらをクリック!!
正職員(ケアスタッフ)やパートタイマー、薬剤師、看護師など福祉・介護関係のお仕事を募集中です。

 

 

2019.05.25 up!!
地域のつどい場「ひまわり」OPENイベントに参加しました(大阪市東淀川区)

5/18(土)、ベラミで活動されているボランティアさんが、メゾンリベルテの隣にある
地下ショッピングモールに地域のつどい場「ひまわり」をOPENされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、介護や福祉の相談コーナーをしていただきたいとお声を掛けていただき、参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このショッピングモールは、空き店舗が増えており、来客者も減少しつつあります。
その空き店舗の一画に、地域の方々が集まれる場所が誕生しました。
当日はバザーが開催され、地域の方々が手作りのカバンやTシャツなどを出品され、
人気の品はすぐに売り切れるほど賑わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

またカフェスペースでは、立ち寄った方へ無料でコーヒーが振る舞われました。
ベラミスタッフも、地域の皆さんの健康相談や介護の相談を受けたり、沢山お話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、地域に密着した相談窓口となるよう取り組んでいきたいと思います。

2019.05.24 up!!
美味しいジャガイモになりますように。(滋賀県高島市)

自然豊かな滋賀県高島市にある角川ヴィラと橡生の里では、農作業の一環でジャガイモを植えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

土地柄もあり、鹿や猪、猿などがいる場所に畑があるため作物が動物たちに食べられないよう、畑に囲いをします。
動物も賢く、隙間を探しては侵入を試みるため、隙間ができないように注意を払いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

囲いができたらトラクターで畑を耕し、ジャガイモを植えました!
たくさんのジャガイモを利用者と一緒に収穫できる日が今から待ち遠しいです。