新着情報 News

新着情報

大阪自彊館の新着・更新情報等をご案内致します。

2018.11.20 up!!
第10回 角川ヴィラOB会を開催しました(大阪市西成区)

11月6日(火)、大阪自彊館 本館 食堂で第10回角川ヴィラOB会を開催しました。

角川ヴィラを居宅移行で退所された方を対象に案内状を送り、当日は14名の方が参加して頂きました。

会では、集合写真を撮り、施設の1年の出来事、職員の写真やメッセージをプロジェクターで紹介し、参加者の近況を伺いました。

皆さん、角川ヴィラでの生活を思い出しながら、懐かしんでおられ、その時の笑顔がとても印象的でした。

滋賀県から大阪に行かれたOBの方とは再会の機会が少ないため、居宅生活で頑張っている姿を拝見でき、大変、うれしく思えました。

次回のOB会も元気な姿と笑顔が見られるのを楽しみにしています。

2018.11.14 up!!
第3回萩まつりを開催しました(大阪市西成区)

11月3日(土)に、大阪自彊館 萩救護施設ひきふね障害者支援施設いまみや)にて
第3回萩まつりを開催し、ひきふねの利用者127名、いまみやの利用者40名が参加しました。

 

お祭り開始のアナウンスと同時に、1階にて屋台村とコイン落としゲーム、
サイコロゲームが始まり、

たこ焼き・焼きそば・フランクフルト・ハムカツ・たい焼きなどの
多種多様な屋台で、お祭りの気分を味わいました。

今回初めての取り組みとして、屋台を駐車場のスペースにテントを張って出店しましたが、
利用者からも「祭りの雰囲気が出ていて良いね~」と好評でした。

 

コイン落としゲーム、サイコロゲームには皆さん真剣に取り組み、
様々な景品を貰うことができ、嬉しそうな様子でした。

 

5階には萩カフェも出店し、本格的なドリップのコーヒーとお菓子を楽しみました。
萩カフェ内のBGMは、ひきふねの通所利用者がキーボードで演奏してくださいました。

 

そして、最後には演芸が行われました。

まず、大阪自彊館の職員クラブである「なんくるちゃんぷる~」による三線の演奏がスタート!
沖縄の言葉で“なんとかなるさ”を意味する「なんくる」、
“混ぜ合わせ料理”を意味する「ちゃんぷる」から命名されたグループ名だそうですが、

その名の通り、観客の利用者も知っている曲を口ずさんだり、手拍子をしたりしながら、
“混ぜ合わせ料理”のように大いに盛り上がりました
(ひきふね高村施設長、いまみや橋本施設長のサプライズ出演もありました!)

 

次は、つる丸亭新正一座さんによる落語です。
今回は「平林」の演目を披露してくださいました。

観客の利用者は話を聞きながら、くすくす、にやりと、落語の奥深い笑いを楽しんでいました。

 

今回の萩まつりも、事故なく、大盛況のうちに終えることができました。

ご協力くださったボランティア、演芸出演者の皆さま ありがとうございました!

2018.11.13 up!!
内部研修「トコジラミへの適切な対応について」を行いました(大阪市西成区)

11月8日(木)、大阪自彊館 萩 地域交流ホールにおいて、
救護施設 三徳寮主催「トコジラミへの適切な対応について」の内部研修会を行いました。

いきもの研究者 代表 吉田 政弘 氏を講師としてお招きし、
トコジラミの生態や習性、発生場所や原因等について、
長年の研究成果を織り交ぜながら講義していただきました。

また、質疑応答では参加した職員から、日頃実践できる具体的な対応について
熱心な質問がありました。

大阪自彊館では、法人本部主催による研修だけでなく
施設・事業所が主催する研修も多くおこなっており、
職員のスキルアップと同時に他部署との連携につながっています。

2018.11.08 up!!
介護予防ポイント事業登録研修会のお知らせ(大阪市東淀川区)

平成30年12月18日(火)午後2時~4時、複合施設メゾン リベルテ内にある東淡路地域交流センターで大阪市介護予防ポイント事業の登録研修会が開催されます。

大阪市介護予防ポイント事業とは、市内にお住いの65歳以上の方が、特別養護老人ホームなどの介護保険施設などで介護支援活動、保育所で保育支援活動等の活動を行った場合に、ポイントが貯まり、貯まったポイントを換金(年間上限8,000円)することができる事業です

高齢者の外出機会の増加や社会参加の推進を図り、生きがいづくりや介護予防につなげることを目的とした事業で、当施設でもたくさんの地域の方が活動に参加下さっています。活動に参加して頂くためには登録研修会への参加が必要ですので、ご興味のある方は是非お申し込みください。

 

2018.11.07 up!!
消防技術大会に出場しました!(大阪市西成区)

10月31日(水)、西成消防署で行われた消防技術大会に出場しました。

この大会は西成自衛消防協議会主催で行われており、
各事業所における防災意識及び意識の向上を目的としています。

消火器、屋内消火栓、可搬式ポンプの3部門に分かれており、
私たちは消火器の部に参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

内容は自動火災報知設備による出火場所の確認と119通報、
消火器による消火といった初期の火災対応のスピードを競うものです。

出場順が1番だったこともあり、とても緊張しましたが
日頃の練習のおかげで最優秀隊に選ばれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の大会に参加したことで初期の火災対応について学ぶことができ、
貴重な経験になりました。

今後も防災意識の向上に努めていきたいと思います!

2018.10.18 up!!
ふれあいコンサート(吹けっ!邦楽の風!)開催のお知らせ(大阪市東淀川区)

平成30年11月10日(土)14:00~

福祉施設メゾン リベルテにて利用者と地域の方が一緒に楽しむイベント

吹けっ!邦楽の風!(尺八・箏・アコーディオン・ピアノ)」コンサートを開催致します。

毎年定員を超える申し込がある人気のイベントです。

 

参加は無料ですが、事前に申し込みが必要ですので、希望者の方は

06-6325-3939(担当:安井 または )までご連絡ください。

 

ご案内はこちら→吹けっ!邦楽の風!コンサート

 

2018.10.18 up!!
ボランティアだより⑳~ボランティアマネジメント講演会のお知らせ(大阪市東淀川区)~

平成30年11月26日(月)18:30~

ボランティアセンター メゾン リベルテの取り組みの一環として、

施設職員を対象に大阪教育大学の新崎国広教授をお招きして

ボランティアマネジメント講座」を開催致します。

 

昨年度からの取り組みの実践報告もありますので、

基礎的な事から幅広く学ぶことができる内容になっています。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

ご案内はこちら→ボランティアマネジメント講演会


2018.10.18 up!!
「支えられる」から「支え合う」へ!オレンジリングが広がっています(大阪市西成区)

大阪自彊館研修センターの矢野からお知らせします。

救護施設「三徳寮」のご利用者向けに「認知症サポーター養成講座」を開催しました!

救護施設の中には、在宅生活と同様に認知症の方と接する機会があります。

 

そんな時に、

どのように接するのが好ましいか?

そもそも認知症って?

といったことを、当法人在宅部門「いきいきセンター」の

中西所長と畠中ケアマネジャーがお伝えしました。

 

寸劇を交え、「良い事例」「悪い事例」を踏まえてグループワークを行い、

白熱した議論がなされました。

また、認知症の予防についても、脳を活性化する「脳トレ」の実践や、

生活習慣での注意事項などをお伝えしました。

 

事前のお申込みを大幅に上回る参加者に来ていただき、

認知症に対しての皆さんの関心の強さを感じました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

 

今後も職員・地域の方を含め、認知症サポーターの育成に取り組んでいきます!

2018.10.17 up!!
館外調理実習を行いました(大阪市西成区)

9月27日(木)に近隣のバーベキュー広場にて開催。

1ヵ月前から準備を始め、参加する利用者主体で班分けをしました。

初めての試みで「何を作るか」を班ごとに話し合い、買い物、当日の準備、ゴミ捨て、荷物運びとそれぞれ役割を設けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は調理する機会はほとんどないですが、ほとんどの人が包丁を扱えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お互い声をかけ合い、チームワーク良く、そして何より普段ではあまり見ることができない生き生きとした表情を見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいものを作って食べる。ただそれだけのことですが、とてもよい時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

食べることは生きること。明日への活力となって、目標となって、また一緒に前を向いて歩むことができますように。

2018.10.10 up!!
保育園と提携しました!(法人本部)

企画室の矢野からお知らせします。

この度、企業主導型保育所「だいいちキッズルーム南津守園」を運営する南大阪第一交通株式会社様と、共同利用契約を締結しました。

これにより、当法人の職員(パートタイマーなど含む)が「だいいちキッズルーム南津守園」をより良い条件で利用できるようになります。

もちろん、これから働きたい方も利用OKです!求人の案内はこちらをご覧ください。

今後も大阪自彊館では、職員の多様なライフイベントに対応した柔軟な働き方を実現するための様々な対策を講じていきます。