新着情報 News

新着情報

大阪自彊館の新着・更新情報等をご案内致します。

2020.03.23 up!!
介護職員初任者研修を開講します!(令和2年5月~ 大阪市東淀川区)

大阪自彊館ではこの度「研修センター」を立ち上げました。
これまで内部職員向けに実施ていた様々な研修会を外部の方にも受けていただき、
福祉・介護の裾野を広げていくことが目的です。

その第1弾として行うのが本講座。講師は大阪自彊館で働くベテラン介護福祉士が努めます。
創立100年以上の大阪自彊館が作り上げた研修システムを活かし、
実践で本当に役に立つ講座となっています。
この機会に受講してみませんか?
(画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講申込書はこちら(ホームページからの申し込みはこちらから)

———————————————————————————
ご不明な点は研修事務局までお気軽にお問い合わせください
大阪自彊館研修センター(担当:矢野)
TEL:06-6659-8900 Mail:ojk-tc@ojk.or.jp
———————————————————————————

公表情報
法人について
こちらから(WAM NETの情報開示ページ)

研修機関について
1.学則関連についてはこちら[様式2-1]
(学則・理念・受講資格・受講の流れ・費用・連絡先・留意事項・苦情/課程編成責任者)
2.研修設備についてはこちら[様式2-6]
3.研修のスケジュールはこちら[別添3]
4.講師についてはこちら(科目別担当・講師情報)[別添2-3]
5.シラバス(講義内容)関連はこちら[様式2-2]
6.通信課程についてはこちら(内容・教材・指導方法・指導体制・課題)[別添2-10]
7.修了評価についてはこちら[別添2-9]

2020.04.07 up!!
令和2年度 職員新任式を行いました。(法人本部)

令和2年4月1日、大阪自彊館に11名の新しい仲間が増えました。

例年とは異なり換気や消毒を行い、マスク着用の上で職員新任式を行いました。
始まる前は皆さん硬い表情でしたが、
理事長から辞令が交付されると、気が引き締まった表情に変わりました。

私たち先輩職員も皆様のフレッシュな姿を見て、
より一層気を引き締めなくてはと、気持ちを新たにした一日でした。
共に大阪自彊館を盛り上げていく仲間として心から歓迎します!

2020.04.06 up!!
すまいる食堂(こども食堂)4月の開催中止についてお知らせ(大阪市西成区)

新型コロナウイルス感染の広がりを受け、4月15日(水)予定の
すまいる食堂は中止させていただくことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

次回5月13日(水)予定となっておりますが、開催につきましては
後日お知らせいたします。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、すまいる食堂ではいつもお花屋さんから差し入れを頂いていました。
季節のお花に触れて、自宅でお花を楽しめるようにと生花店「スポット・スエニョ」
店主のご厚意で食堂に来てくださるお母さんお父さんにお渡ししていました。

写真は、2月に差し入れてくださったチューリップです。

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、こども食堂の再開には至れていませんが、ぜひ皆様も
天下茶屋駅前 商店街入口(大阪市西成区)「スポット・スエニョ」さんに
お立ち寄りください。

2020.04.03 up!!
満開の桜で新年度を迎えることができました。(法人本部)

大阪市西成区にある法人本部の前には廃校となった、もと今宮小学校があります。
そちらの校庭に植えられた桜が桜並木となって行き交う人々を癒してくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりとお花見に行くことは出来ませんが、徐々に施設内にも桜の花びらが舞ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度新たに迎えた新任職員にとっても実りある一年となりますよう、
全力でサポートとしていきたいと思います。

2020.03.31 up!!
大収穫祭!園芸クラブからのご報告(大阪市西成区)

救護施設 白雲寮の園芸クラブでは、健康広場という近隣の畑で野菜を栽培しています。
夏野菜の収穫が終わり、落ち着いた10月に植えた野菜がちょうど食べごろになりました。
今回は、大根にカブ、水菜、そしてパセリを収穫しました。

 

 

 

 

 

 

 

初めて参加する方もいましたが、農業経験者の方が食べごろの大根とカブを見極め、

大根の収穫をする人、野菜を運ぶ人、冷たい水で野菜を洗ってくれる人、
大根の不要な葉を落としてくれる人など素晴らしいチームワークが発揮されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫量は一日でなんと大根15㎏、カブ5㎏、水菜2㎏、パセリ100gでした。

野菜は施設の厨房に持って行き、昼食の豚汁をはじめとする沢山の料理に使っていただきました。
食堂で食べる際には「白雲寮で収穫された野菜です」と大きく掲載していただき、
美味しく調理された野菜に大満足でした。

2020.03.30 up!!
ついに桜が…。(大阪市東淀川区)

3月25日(水)、メゾン リベルテ事務所に慌てた様子でA職員が入ってきたので、
事務作業をしている職員たちは、何事が起こったのかと緊張の空気が走りました。

静かな事務所内でA職員が「ついに…、わがリベルテの桜の花が咲きました!」
との発表が。空気が一変に和やかになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2名で観測しました。

しっかり咲いています、開花宣言です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅の花は見頃を迎えていました。

どんな時も、春はやって来るんですね。
普段、あまり周りを見ていないことに気づきました。
たまには、足を止めて季節を感じたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな春のような気持ちで、新年度を迎えたいです。

2020.03.27 up!!
消防記念日表彰式が行われました(大阪市西成区)

自治体消防発足を記念して制定された「消防記念日(3月7日)」があります。
地域防火・防災活動の推進や事業所の自主防火管理などに尽力し、
災害に強いまちづくりに貢献された市民の方や事業所に対して、
大阪市から毎年、表彰状・感謝状が贈呈されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、残念ながら記念式典はコロナウィルスの影響で中止となりましたが、
3月19日に西成消防署長以下4名の方が来館され、「消防功績顕彰」を拝受いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も積極的に訓練や研修に努め、消防技術の向上を目指していきます。

2020.03.26 up!!
「みんなの花壇」野菜を収穫しました!(大阪市東淀川区)

3月18日(水)、気温が上がるにつれて一気に成長した
スナップエンドウ・ラディッシュ・春菊を収穫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはボランティアさんから、収穫の実演がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

参加した園児、ボランティアさん、デイサービスや障害者支援施設の利用者で手分けして作業しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スナップエンドウはハサミを使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん採れました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫して、空いたスペースにはレタスを植えて、
手前花壇で元気に咲いているお花にも水をあげました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回で5歳児は卒園です。
卒園後に「花が咲いたら、みんなで集まって観ようね」と約束している
チューリップのつぼみが日々成長しています…。

2020.03.19 up!!
すまいる食堂(こども食堂)4月の開催について

新型コロナウイルス感染の広がりを受け、4月1日(水)予定の
「すまいる食堂」は中止させていただくことになりました。

4月15日(水)の開催につきましては後日お知らせいたします。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

また、すまいる食堂では食堂に来てくださったこどもたちや
お母さんお父さんに「花束」と「おかき」をお渡ししていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お花はいつも大阪市天下茶屋駅すぐそばの「スポットスエニョ」さんからいただき、
彩り豊かなお花に癒されていました。

 

 

 

 

 

 

おかきは炭火手焼きの「井の一」さんからです。
ぜひ、お近くの方もそうでない方もこの機会にお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

2020.03.19 up!!
お好み焼き作り(大阪市東淀川区)

特別養護老人ホームジュネスでは、
利用者様お一人ひとりの思いや生活歴に添った個別支援を実施しています。

先日、「昔、お好み焼き屋で仕事をしていた」というお二人の利用者様と、
お好み焼き作りを行いました。
お二人とも「久しぶりやなあ」と話されながらも慣れた様子でお好み焼きを焼かれ、

「昔を思い出すわ」
「いろんなお客さんがおったわ」

と楽しそうにお話しをされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成したお好み焼きを「よう焼けてるわ。美味しい」と召し上がられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

個別支援終了後も、
「またいつでも焼いてあげるで」
「次は具材も一緒に買いに行くで」
「もっと大勢で食べれたら美味しいで」と楽しそうにお話されておりました。

お二人とも、普段よりも活気のある姿を見せて頂き、
とても充実した時間を過ごして頂くことができたと思います。
今後もジュネスで楽しく生活して頂けるような支援を継続したいと思います。

※施設では、日頃から手洗いやアルコール消毒、マスクの着用など感染症の予防に努めています。