施設・事業所案内 Facility

各施設詳細

救護施設さんとくりょう三徳寮

「三徳寮」は創立者・中村三徳(なかむら みつのり)の名を冠した救護施設です。
主に障がいや疾病のために独居生活が困難な方を幅広く受け入れ、積極的な自立支援を行っています。
個々のニーズに沿って「自立支援プログラム」「個別支援計画書」を作成し、ご本人に寄り添い、時には手を差し伸べながら課題を克服しニーズに対応しています。
日常生活活性化の一助となるよう、各種クラブ活動、日帰り旅行、寮内コンサート、菜園、三徳寮まつりなどを実施し、地域住民との交流の場としても活用しています。
また、利用者の希望にそって提供する作業訓練、自立を想定した自活訓練など、本人に必要なサービスを提供し、自立に向けた取り組みを行っています。
三徳寮は「あいりん」の中にある施設の使命として、様々な事業を展開し、地域の改善に努めています。
地域で生活困窮状態を余儀なくされている労働者等に対し、相談を受け付けその自立を支援する「大阪自彊館あいりん相談室」。地域の居宅保護者に生活指導等をする「保護施設通所事業」。あいりん地域での結核まん延を防ぐための「西成区あいりん地域内結核対策事業」「あいりん結核患者療養支援事業」。
緊急的な援護が必要な方に対して一時的にサービスを実施する「夜間巡回事業」「緊急一時宿泊」などの各種事業(取り組み)を実施し、あいりん地域課題克服の一役を担っています。
地域の図書館として人気のある「新今宮文庫」や、交流の場としての「談話室」開放などは、地域の方々の居場所づくりの一助ともなっており、三徳寮はこのような先駆的な取り組みを、今までもまたこれからも率先して実施していきます。

クリックすると画像が変わります
所在地

〒557-0004 大阪市西成区萩之茶屋1丁目9番14号

TEL 06-6645-0567
事業開始 平成2(1990)年2月1日
法律・種別 生活保護法による救護施設
定員 150名
付帯事業 保護施設通所事業、救護施設居宅生活訓練事業、西成区あいりん地域内結核対策事業、あいりん結核患者療養支援事業、更生援護資金事業、新今宮文庫運営事業
その他事業 大阪自彊館あいりん相談室、夜間巡回事業、緊急一時宿泊、談話室