施設・事業所案内 Facility

各施設詳細

在宅支援サービスベラミ

「ベラミ(berami)」とは、フランス語で「よき友」という意味です。お一人おひとりのご希望に柔軟に対応し、必要なサービスを適切に提供することで「よき友」と親しまれるよう、地域に根ざした在宅サービスの事業運営をめざしています。
平成7(1995)年に、老人福祉法による柴島地域在宅サービスステーションと身体障害者福祉法による身体障害者デイサービスセンターを開所しました。
平成8(1996)年には、就学前の児童を対象とした、おもちゃ図書館「オズの家」を開所しました。これは、障がいのある子どももない子どもも、一緒に遊び交流し、相互理解の場となることを目的とした事業です。
地域のニーズに合わせ、事業を展開し、現在では高齢者対象の通所介護事業としたデイサービスの「淡路福祉サービスステーション」、地域のさまざまな相談に応じる「総合相談窓口」、介護に関する情報提供をおこなう「柴島地域在宅支援センター」があります。

クリックすると画像が変わります

そのほか、大阪市の受託事業として、心身の機能低下や障がい等で調理が困難な高齢者を対象に、食事の配食を行いながらお変わりなく元気に過ごされているかの確認も行う「配食サービス」を実施しています。
平成23(2011)年には、幅広く地域の方のニーズに応えられるよう、メゾン リベルテの近くに「ベラミ分室」を開所しました。ベラミ分室では、それまでメゾン リベルテにて行っていた高齢者・障がい者を対象とした訪問介護サービスの「淡路福祉サービスステーション ベラミ」、居宅介護支援を行う「淡路ケアプランセンター」の事業を行っています。
いつまでも慣れ親しんだ自宅・地域で在宅生活が送れるように、また、家族の介護負担を少しでも和らげることができるようサポートをしていきたいと考えています。これからも、「地域」との関わりを大切にし、交流を図っていき「よき友」と親しまれるよう努めていきます。

所在地

〒533-0023 大阪市東淀川区東淡路1丁目4番49号

TEL 06-6325-3347
事業開始 平成7(1995)年6月1日
法律・種別 老人福祉法、介護保険法、障害者総合支援法
老人福祉法による老人デイサービス事業、老人居宅介護等事業、老人介護支援センター事業「柴島地域在宅サービスステーション」、
介護保険法による通所介護・介護予防通所介護事業「淡路福祉サービスステーション」、訪問介護・介護予防訪問介護事業「淡路福祉サービスステーションベラミ」、指定居宅介護支援事業「淡路ケアプランセンター」、
障害者総合支援法による居宅介護事業・重度訪問介護事業・移動支援事業「ベラミヘルプセンター」
定員

高齢者デイサービス50名

通常規模 1単位目 50名
小規模  2単位目 10名

その他事業 おもちゃ図書館オズの家