新着情報 News

新着情報

大阪自彊館の新着・更新情報等をご案内致します。

2019.04.05 up!!
4月度白雲寮通所館外プログラムお花見(大阪市西成区)

4月3日(水)、春恒例の通所館外プログラム「お花見」を『天下茶屋公園』

で行いました。

今年も定番のお花見スポットでは、満開の桜の花びらと暖かい日差しの下で

お互いに仲間を気遣いながら、季節を感じる時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.04.02 up!!
平成31年度 職員新任式を行いました(法人本部)

平成31年4月1日(月)、大阪市内のホテルで平成31年度職員新任式を行いました。

始まる前は皆さん硬い表情でしたが、理事長からの挨拶後に辞令が交付さ

れると、気が引き締まった表情に変わりました。

これから5日間の新人研修後、それぞれの配属先での勤務が始まります。

共に大阪自彊館を盛り上げていく仲間として心から歓迎します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.28 up!!
ケアニン上映会を開催しました!(滋賀県高島市)

大阪自彊館研修センターからお知らせします。

3月20日、滋賀県高島市にて「映画『ケアニン』無料上映会+認知症サポーター養成講座」を開催し、
大阪自彊館の職員と高島市にお住まいの皆様61名にお越しいただきました。

最初に、高島市地域包括支援課、高島市認知症キャラバン・メイトの皆様のご協力を得て、
認知症についての基礎理解を深める「認知症サポーター養成講座」を受講いただきました。
高島市は人口が約5万人ですが、すでに認知症サポーターが1万人を超えているそうです!
本日の講座で、新たに60名のサポーターが誕生しました。

その後、映画「ケアニン」を上映。認知症について学んだ後に鑑賞いただいたので、より一層映画に感情移入できたとの声をいただきました。
講座と上映会を通じて、認知症について、福祉・介護の仕事について考えを深める一日となりました。

お越しいただいた皆様、高島市地域包括支援課・高島市認知症キャラバン・メイトの皆様、誠にありがとうございました。
これからも地域に根ざした社会福祉法人として、様々な取り組みを実践してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.28 up!!
大阪自彊館 職員クラブ通信⑥~「イベントクラブ」~

大阪自彊館には、職員間の交流やリフレッシュを目的とし、様々なクラブ活動があります。

クラブの活動に対しては、毎年法人から助成金を受けることができます。
現在13の職員クラブがあり、今回は、「イベントクラブ」を紹介します。

イベントクラブは、約10年前に発足しました。
年に数回イベントを企画し、楽しい思い出を仕事の活力にする。をコンセプトに活動しています。

恒例となっているのは、
夏のキャンプ。
冬のスキー旅行です。

キャンプでは、焚き火を囲い、揺れる火を眺めながら語らいます。
火の前では自然と正直になり、夜遅くまで話が続くことも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキー旅行では、童心に戻りリフトが停まるまで楽しみます。
初心者にも経験者が優しくフォローし、皆で楽しむのがイベントクラブのいいところ。
夜は恒例のすき焼きで宴会が始まり、夜遅くまで話がつきないことも。

今年は雪不足と大雨であまりスキーは楽しめませんでしたが、急遽陶芸教室に参加しました。

そんなハプニングを楽しむこともイベントクラブの醍醐味となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味のある方は、イベントクラブで楽しいひとときを過ごしてみませんか?

私たちと明るくて活気のある職場を作り上げて行きましょう!

 

2019.03.20 up!!
160名の認知症サポーターが誕生しました!(法人本部)

大阪自彊館研修センターからお知らせします。

大阪自彊館では今年度、職員・施設利用者向けに「認知症サポーター養成講座」を開催しています。

本日は救護施設「白雲寮」のご利用者向けに開催し34名の方にご参加いただきました。
これで計7回シリーズの認知症サポーター養成講座が終わり、トータルで160名の認知症サポーターが新たに誕生しました!

これから支え合う地域社会の実現に向け、認知症サポーター養成講座をはじめ様々な活動に取り組んでまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.14 up!!
「応援定期預金」を活用しています(法人本部)

「応援定期預金」とは、がんばっている人や団体に、定期預金の利息の一部を寄付金として支援する

大和ネクスト銀行が行っているサービスです。

大阪自彊館はこの趣旨に賛同し、法人の一部の預金を「応援定期預金」に預け入れました。

同預金の広告は、3月7日付けの日本経済新聞にも掲載され、法人名が支援法人として記載されています。

今後も、日本人の根底にある「支え合う気持ち」を結び付け、多くの子どもたちの笑顔が増えることを願っています。

 

 

 

 

 

 

感謝状をいただきました

 

 

2019.03.14 up!!
福祉の就職総合フェア SPRING in OSAKA に出展しました!(法人本部)

ひきふねの中隈です。

3/9(土)インテックス大阪にて行われた
福祉の就職総合フェア SPRING in OSAKA に出展しました!

大阪府内の約260法人が出展し、大盛況のフェアでした。
大阪自彊館のブースにも多くの方が足を運んでくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、説明を熱心に聞いてくださり、大阪自彊館の魅力を
たっぷりお伝えできたのではないかと思います。

ブースに来ていただいた皆様、ありがとうございました!

当法人では3/14(木)から職場見学会を開催いたします。
たくさんのお申込みお待ちしております!

大阪自彊館採用サイト

 

2019.03.12 up!!
カイゴとフクシ就職フェアinしが2019(法人本部)

入職1年目の森脇です!

平成31年3月6日に開催された

「カイゴとフクシ就職フェアinしが2019~ふくしの仕事と楽しく生きる~」に参加しました。

 

滋賀県内の各法人が揃い、活気のあるブースが数多く出展されていました。

当法人も丁寧な対応を心掛け、自分の経験を織り交ぜながら、わかりやすく魅力を伝えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加された方からは、業務の内容だけでなく、福利厚生の充実さへの感想など働きやすさの点でも、意見を聞くことが出来ました。

就職フェアに参加された、各法人や参加者の皆様お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当法人は施設見学なども随時行っています。興味のある方は気軽にご連絡ください。

大阪自彊館採用サイト

 

2019.03.05 up!!
東淡路小学校福祉教育(大阪市東淀川区)

2月26日(火)東淡路小学校に障害者支援施設エフォールの利用者の方がゲストティーチャーとして招かれ、6年生を対象に障がい者の日常生活についての説明・車椅子体験授業を行いました。

児童から日頃の生活で大変なこと、困っていること、楽しみにしていること等々の質問に対して、丁寧にユーモアを交えながら、体験談を話されました。

 

 

 

 

 

 

 

趣味の書道を楽しんだり、電動車椅子で電車に乗って一人で外出していること。また、外出する時に一番困ることは、身体障がい者用のトイレが少ないこと。放置自転車や狭い道路で歩行者が列を広げていることで、大回りして目的地に行くことを余儀なくされた経験も伝えていました。

その後、車椅子介助の体験を児童全員で行い、車椅子介助時のアドバイスも行い、交流をはかられていました。

授業の最後には、児童から利用者の方に対してサンキュー(良いところ)カードのプレゼントがあり、「優しく教えてくれた」「車椅子生活を知ることができた」「笑顔が素敵」等々、沢山の感謝のメッセージを頂き、利用者の方も喜ばれていました。

 

2019.03.05 up!!
第2回内定者研修を実施しました。(法人本部)

こんにちは!白雲寮の尾上、渡辺です!

2月に平成31年度内定者の皆さんに集まっていただき、
2回目の内定者研修を実施しました。

外部講師の方をお招きし、働く上での心構えや、コミュニケーションのあり方等、
社会人として必要なことを学びました。

最初の自己紹介では皆さんの緊張が伝わってきましたが、
研修が進むにつれ笑顔や会話が増え、終始明るい雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、皆さん講師の方の話を真剣に聞き、メモを取っている姿が印象に残っています。

私たちも昨年同じ研修を受けたので懐かしく感じると共に、
一年間大阪自彊館で働き、改めてこの研修での学びが大切であるかを再認識しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に集まるのは4月の新任式です!
これから一緒に働く仲間としてよろしくお願い致します!