新着情報 News

新着情報

大阪自彊館の新着・更新情報等をご案内致します。

2019.05.23 up!!
東淀川区の運動会に参加しました。(大阪市東淀川区)

5/12(日) 東淀川区の大運動会『第38回東淀川区健康の日のつどい』にメゾンリベルテから職員3人で参加しました。

このイベントは東淀川区の町会対抗で行われる運動会で、毎年5月頃に開催しています。
この日は晴天!最高気温29℃!!
小さなお子さんから年配の方まで、夏のような強い日差しにも負けず、元気いっぱいに競い合っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちも東淡路・柴島地域からの代表でリレーやボール運び、綱引きなどに出場しました。
出場した競技のほとんどは下位でしたが、綱引きはわが地域の腕力自慢の男性が揃い、圧勝に終わりました。

地域の方々と一緒に思いっきり身体を動かしたり、大声で応援したり、スポーツを通じて親交を深めることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも、ぜひお住まいの地域の運動会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

2019.05.22 up!!
西成ボッチャカップにて見事3位でした!(大阪市西成区)

「ボッチャ」というスポーツをご存知ですか?

2020年東京パラリンピックでも開催される障がい者スポーツで、神がかった投球に会場湧くという注目のスポーツです。
簡単なルールで親しみやすく幅広い方々に楽しまれています。(下記にリンクあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、5/11(土)に障害者支援施設「いまみや」から大会に参加しました!
結果は、なんと3位に輝きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回となる今大会は、前年より1事業所増えて9事業所、60名のご利用者が参加しました。
当グループは、日頃の練習の成果を存分に発揮し、予選は1位で通過するほどでした。
大会中は、ご利用者が見せる真剣な表情や笑顔がとても印象的でした。

最後に、多くの関係者、ボランティアの方々のご協力を得て、今年も参加することができましたことに感謝いたします。
次回は初優勝を目指し、これからも練習に励んでいきます。

ーーーー

スポーツ競技「ボッチャ」についてはこちら

2019.05.21 up!!
一人暮らしサポートブックを作成しました!(法人本部)

大阪自彊館には近畿圏外からも多くの学生さんが就職しています。
皆、就職にあたって一人暮らしをするのですが、土地勘のない大阪での物件探しに戸惑った職員が少なくありませんでした。

そんな苦労は後輩にはさせたくない!との思いで、若手採用・広報チーム「TUNAGU」のメンバーが「一人暮らしサポートブック」を作りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩たちの物件探しの工夫や苦労を集め、後輩たちに引き継ぐためのものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも安心して大阪自彊館に就職していただけますように。


 

 

2019.05.17 up!!
今年も田植えの季節がやって来ました。(滋賀県高島市)

施設の横にある田んぼの田植えが始まりました。

田植えは、職員と地域の方が協力して毎年行われます。
地域の方は農業のベテランであり、事前準備からトラクターの運転、
後片付けに至るまで黙々とこなしており、そこにプロフェッショナルの技を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

植えられた苗は利用者の方に暖かく見守られながら生育していきます。
すくすくと育った稲穂は秋に刈り取られ精米し、食堂で美味しく頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

地域との固い絆、高島市の綺麗な空気と澄んだ水によって作られたお米は
甘味とコシを強く感じることができ、何杯もおかわりしたくなる味です。

移り変わりの激しい世の中にあって、この里山の風景とお米の味は変わらないことを願いたいです。

2019.05.14 up!!
職員対象の意見交換会を実施しました。(大阪市東淀川区)

毎年4月に東淡路地域交流センターにて職員を対象に意見交換会が行われます。

今年は、政田部長が講師となりました。
第一部は、権利擁護研修(利用者の尊厳と虐待予防)を実施しました。
障がい・高齢の施設で起こった虐待の事例を映像で視聴した後に講義を受けます。
職員と利用者が対等な関係を築き、支援の専門性を高めること、チームケアの実践、
風通しの良い職場の実現、職員のアンガ―マネジメントなどを学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第二部では、事業方針・重点項目の説明を行いました。
法人の方針を受けて、各所属長からそれぞれの部署の方針説明がありました。

職員が方針を共有し、同じ目的をもって前に進んでいきたいと思っています。

2019.05.13 up!!
まちライブラリー ブックフェスタ2019in関西に参加しました。(大阪市東淀川区)

今年も「リベルテまちぶんこ」がブックフェスタに参加しました。

4/21(日)~5/19(日)のブックフェスタ期間中、関西272カ所でさまざまなイベントが開催されスタンプラリーを実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4/28(土)は、我が「リベルテまちぶんこ」でもボランティア喫茶に合わせて、地域の方のミニ写真展と本を楽しむ企画をしました。
ハリーポッター、東野圭吾、鬼平犯科帳コーナーなど、思い思いの場所でコーヒーを味わいました。
いつもボランティア喫茶に来られる方もミニ写真展を楽しまれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンプラリーは、【 5/19(日)】まで行っています。
是非、本が好きな方はいろんな町の「まちライブラリー」をまわりながら、小旅行気分を味わいませんか。


 

2019.05.13 up!!
作品が展示されています(大阪市西成区)

5/7(火)~5/14(火) 西成区役所の1階ギャラリーに、精神科ショート・ケア「すまいる」で作った作品を展示しています!


 

 

 

 

 

 

 

今回は、作成者の皆さんで見学に行きました。
展示は多くの作品の中の一部ですが、実際に飾られたものを観ると迫力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、お近くの方は足を運んでみてください。
カラフルな作品が皆さんをお待ちしています。

2019.05.09 up!!
「みんなの花壇」植栽祭(大阪市東淀川区)

平成31年4月18日(木)春の暖かな日差しの中、メゾン リベルテ地域交流センター外の花壇にて、近隣のグローバルキッズ(保育園)×地域のボランティア×東淀川区社会福祉協議会(ほほえみ)×リベルテで花を植えました。

これまで長年ボランティアの方が花壇の手入れをしてくれていましたが、夏場には水やりだけで2時間もかかり、負担が大きなっていました。

 

 

今回、グローバルキッズは子供たちに土にふれあう機会の提供、ボランティアは子供の喜ぶ顔をみるためのお手伝い、ほほえみは地域の居場所づくりの補佐、リベルテは花壇の有効利用・地域貢献、利用者の参加と、それぞれの思いを形にすることができました。

今回の土や花の費用は、東淀川区社会福祉協議会(ほほえみ)が地域の居場所づくりの基金から負担してくれ、看板や募金箱はグローバルキッズが作製してくれます。

 

今後、リベルテ内に募金箱「たね募金」を設置し、種や現金を募ります。

5月末には、もう一つの花壇にさつまいもを植える予定です。初めての試みですが、きれいな花が咲き、収穫ができ、みんなが喜ぶ「みんなの花壇」になればよいなと思います。

みなさまもリベルテにお越しの際には、是非、花壇を見てください。

 

2019.04.17 up!!
調理実習で卵焼きとおにぎりを作りました(大阪市西成区)

救護施設の白雲寮では、定期的に利用者の方と一緒に調理実習を行っています。
今回は、卵焼きとおにぎりを作りました。

卵をかき混ぜる時には容器を斜めにして空気を含ませるのがポイント、
と教わると直ぐに工夫して実践されます。
いざ、フライパンに卵を流し込むと「あ~、むずかしい」と言いながらも
形をきれいに整えるのが皆さんとても上手で、意外な姿にスタッフが驚く場面もチラホラ。

 

利用者さん同士でお茶を入れてあげたり、手の消毒を手伝ったりと
自然と助け合える雰囲気が生まれていました。
卵焼きの甘い匂いにつられてやって来る方もいるなど、大盛況の調理実習でした!

2019.04.12 up!!
まちライブラリー ブックフェスタ2019in関西 に参加します(大阪市東淀川区)

メゾン リベルテの「リベルテまちぶんこ」が、今年もブックフェスタに参加します。

4/21(日)~5/19(日)のブックフェスタ期間中、関西272ヵ所でさまざまなイベントが開催され、

スタンプラリーが実施されます。

リベルテまちぶんこでは、4/28(日)にボランティアグループ「コスモスの会」のみなさんが開催する

喫茶コーナーと合わせて、地域の皆さんから提供された写真を展示する、ミニ写真展を開催する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本がお好きなみなさん、この機会にお近くのまちライブラリーを巡ってみるのはいかがでしょうか?
http://machi-library.org